身体に悪い理由

ラーメンに含まれる成分について解説!食べてしまうと太る可能性あり。

「ラーメンって何が含まれているの?」

今回は、ラーメンに含まれる成分について解説していきます。

ラーメンには、糖質と脂質が含まれており、この組み合わせが太らせてしまいます。

今回は、

  • 家系ラーメンの成分
  • 味噌ラーメンの成分
  • 醤油ラーメンの成分
  • 塩ラーメンの成分

これらの成分を解説していきます。

ラーメンはどれも高カロリーなので、要注意です。

ラーメン
ラーメンは身体に悪い理由について解説!糖質と脂質の取り過ぎに注意!「ラーメンってあまり食べない方がいいの?」 今回は、ラーメンが体に悪い理由について解説していきます。 ラーメンが体に悪い理由...

では、詳しく解説していきます。

ラーメンに含まれる成分について

ラーメンに含まれる成分について解説していきます。

家系ラーメンの成分

カロリー 570kcal
脂質 14.14g
炭水化物 82.1g
タンパク質 20.01g

(家系ラーメン より出典)

スープも含めると、1000kcal近くにまでなります。

家系ラーメンは、太めのストレート麺と豚骨醤油ベースのスープと豊富なトッピングが特徴のラーメンです。

味噌ラーメンの成分

カロリー 608kcal
脂質 11.49g
炭水化物 71.29g
タンパク質 21.51g

(味噌ラーメンの成分 より出典)

味噌ラーメンとは、味噌味のスープに麺が入ったラーメン。

札幌が発祥のラーメンで、サッポロ一番みそラーメンをきっかけにして、全国的に広がるようになりました。

今では、味噌ラーメンはメジャーな食べ物の一つになっていますよね。

醤油ラーメンの成分

カロリー 496kcal
脂質 11.6g
炭水化物 72.63g
タンパク質 22.12g

(醤油ラーメン より出典)

日本のラーメンの中でも、一番歴史のあるラーメンの一つが醤油ラーメン。

鶏ガラやその他材料と混ぜて、出汁を作り醤油味のスープを作っています。

近年では、豚骨醤油など醤油ラーメンも進化させています。

塩ラーメンの成分

カロリー 480kal
脂質 10.9g
炭水化物 73.43g
タンパク質 19.15g

(塩ラーメンの成分 より出典)

出汁を塩ダレで調理して、作ったラーメンのことです。

塩味で主に味付けされているので、塩分量も塩味が非常に濃くなります。

ラーメンは食べないほうがいい

ラーメンは食べないほうがいいです。

ラーメンは脂質×糖質なので、太るための食事です。

小麦がたっぷりはいっている麺と脂がたっぷり溶け込んだスープ、ジューシーなチャーシューで構成されています。

ラーメンは太るための食事です。

まとめ

今回は、ラーメンの成分について解説していきました。

是非、参考にしてください。

以上で終わります、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。