身体に悪い理由

夜食べるラーメンと体に悪い理由について!糖質の取り過ぎにつながる!

「ラーメン食べたいけど、夜はダメだよね?」

ラーメンを夜食べると、確実に太ります。

夜ラーメンを食べると体に悪い理由はこちらです。

  • 糖質の取り過ぎになる
  • 脂肪燃焼が出来ない
  • 痩せホルモンが低下する
  • 食欲アップホルモンが睡眠不足につなげる
  • 小麦で食欲増進

以上の理由が挙げられます。

ラーメンを夜に食べると確実に太ります。

今回は、ラーメン巡りが大好きでズボンに乗るお腹になっていた自分がしたダイエット法と独自の情報収集で知った知識について紹介しています。

ラーメンをどうしても食べたいなら、以下の事をするのがおすすめです。

  • エステに行く
  • 規則正しい睡眠を取る
  • 大股早歩きで歩く
  • 夕食を置き換える
  • 筋トレをする

ちなみに、夜ラーメンは夜食べない方が絶対に良いです!!

関連記事→朝食べるラーメンが体に悪い理由を解説!

夜食べるラーメンが体に悪い理由

夜食べるラーメンが身体に悪い理由について解説していきます。

糖質の取り過ぎにつながる

糖質の取り過ぎに繋がります。

ラーメンには、麺に入った糖質とスープやチャーシューに溶け込んだ脂質があります。

大量の糖質と脂質を含んでいるので、太るためのメニューと言っても、過言では無いのです。

糖質を取りすぎると、身体は確実に太るので要注意です。

脂肪燃焼が出来ない

糖質を取りすぎると、脂肪燃焼ができなくなります。

脂肪燃焼が出来ないと、身体を痩せさせるにも、痩せようがありません。

身体を痩せさせたいなら、特に、空腹時は糖質を取らないように気をつけましょう。

痩せホルモンが低下する

痩せホルモンである、「レプチン」が夜ラーメンを食べると低下します。

体脂肪が増えすぎた時に、「レプチン」は食欲を抑えて、太らせないようにします。

しかし、夜ラーメンを食べて夜ふかしをすると、レプチンの分泌が低下してしまうのです。

食欲アップホルモンが睡眠不足で増える

食欲アップの影響を与えるホルモンが、睡眠不足の自分に悪い影響を与えてしまいます。

食欲を抑えるなら、夜ラーメンを食べないほうがいいですよ。

小麦で食欲増進

小麦に含まれる、グルテンが食欲を刺激します。

つまり、ラーメンには、食欲を刺激する効果があるのです。

夜のラーメンは確実に太る!

夜のラーメンは確実に太ります。

あなたの目標がもし痩せることや健康的な身体でいたいことなら、夜のラーメンは確実に悪影響です。

今からでも、辞めるべきです。

今から辞めれば確実に変わります。

今がラーメンを辞めるチャンスですよ。

ラーメンを食べて良い日を作る方法

ラーメンを食べて良い日を作る方法について解説していきます。

エステにいく

エステに行って、脂肪燃焼しやすくしておきましょう。

エステで全身を刺激してもらうと、体に確実に違いを感じるはず。

疲れていれば、益々効果があるので体にとっては良いことばかりです。

規則正しい睡眠

規則正しい睡眠で、7時間睡眠を取るのがおすすめ。

早寝早起きを心掛けると、生活リズムが安定。

大股早歩きで歩く

大股早歩きで歩いて、全身をしっかり使いましょう。

下半身を使うことで、消費カロリーを増やすことが出来ます。

体を痩せさせるなら、下半身をしっかり使うのをおすすめします。

夕食を置き換える

夕食を置き換えて、見ましょう。

スムージーなどなどを使ってみると楽にダイエットが出来ます。

筋トレする

筋トレをすることで体を鍛えることが出来ます。

また、筋肉がつく事で身体の代謝を上げることに繋がり、引き締まった身体で太りにくくなります。

これは、タンパク質を摂取するだけでも十分に効果があるので、積極的にプロテインなどを飲んでみて下さいね。

まとめ

今回は、夜ラーメンを辞めるべき理由について解説していきました。

是非、参考にしてください。

以上で終わります、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。