結毛式と接着式のメリットデメリット

 

アートネイチャーのマープマッハを使っている人であれば、ある程度増毛のことについて詳しいかもしれませんね。マープマッハは増毛の種類の中でも「結毛式」の増毛法に分類されます。これは残っている自毛に2本〜6本程度の毛束を結びつける事で増やしていく方法です。

 

逆に接着式の増毛法になると接着剤やシールを使って、人工膜を頭皮に貼りつける方法です。この貼りつける人工膜に人工毛が受け付けられています。アートネイチャーだとレクアヘアフォーライフが接着式の増毛に分類されます。

 

どちらにもメリットデメリットがあります。結毛式は自毛に混じらせるためにより自然な見た目になりますし、スポーツも自由に行えて汗をかいても通気性に問題はありません。逆に接着式だと接着剤が頭皮を痛めてしまったり、蒸れさせてしまうなどのデメリットも挙げられます。

 

ただし、アートネイチャーのレクアなどは特殊な接着剤を使用したり、構造がネット上になって蒸れたりしないような作りになっています。そういった意味では結毛式も接着式もあまりメリットデメリットの境界は無くなってきていると言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る