若ハゲと男性ホルモンのジヒドロテストステロン

若ハゲに限らず、髪の毛が薄くなる男性型脱毛症に男性ホルモンが関わっているのは皆さんもご存知でしょう。
しかし、具体的にどの男性ホルモンが問題なのか、体内でどのように男性ホルモンが働いて若ハゲとなってしまうのか、詳しく知っているという方は少ないかと思われます。
そこで、簡単にですが説明しましょう。

 

まず、男性型脱毛症の原因とされているのはテストステロンです。
これ自体が髪の毛を攻撃するというわけではなく、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化すると問題となります。

 

男性ホルモンが多いから毛が薄くなりやすいというのは間違いであり、テストステロンがどれくらいジヒドロテストステロンに変わってしまうか、そちらが重要です。
ジヒドロテストステロンは、髪の毛の発育を阻害するものの、細胞に直接影響を与えるわけではありません。
細胞内にある受容体とくっつくことで問題を引き起こします。

 

ジヒドロテストステロンが問題であることは分かっていますが、実は髭の場合は受容体とくっついて髭を濃くさせる効果があるのです。
ジヒドロテストステロンは部位によって影響が異なり、髪の毛と髭で何故違いが起きるのか、詳しいことはまだ分かっていません。
ジヒドロテストステロンの体への影響についてはまだ未知数なところがありますが、男性型脱毛症の原因であることは確定しており、若ハゲの対策を行うならば、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの対策を行うこととなるでしょう。


このページの先頭へ戻る