効果を感じられるようになるAGAの治療期間

AGAの治療は長期的に考えていく必要があります。
治療を初めて初期の段階ではあまり大きな効果を実感することは難しく、多くの場合実感できるまでには半年以上の治療期間を要するようになっています。
そのためすぐに結果が出ないからといってあきらめてしまうのではなく、1年間続けるくらいの気持ちで臨むことが適切と考えられています。

 

AGA治療の薬は服用し始めてから半年が一つの目安となり、この半年でどのような効果が見られるようになるかによって、今後の治療方針を決めていくこととなります。
薄毛を長期間にわたって放置してしまっていた方は、効果を感じるまでに時間がかかることが多い傾向ともなっているため、AGAの治療期間を短くするためには早めに医師に相談することが大切です。

 

またAGA治療は定期的に続けていくことも大切です。
ホルモンの分泌によって起こる症状のため、満足のいく効果が実感できたからと言って止めてしまうと、その時点から薄毛の進行が始まってしまいます。
そのため重症化している方は、半永久的に検討をしていくことも必要と考えられています。

 

AGAの治療期間は医師と相談をして判断していくことも大切です。
進行を食い止めていくことを考えればある程度結果が出るまでは、継続して行っていくことが望ましく思えます。
多くの方は年齢と共に薄毛と向き合っていけるようになり、適切な時期を見計らって治療を中断するようになりますが、若いうちから薄毛に悩まされてしまっている方は薄毛が年相応と判断できるようになるまで、治療を続けていくことをおすすめします。


このページの先頭へ戻る